子供のうちから株の勉強をさせて経済や金融の知識を深めよう

 

子供の株式投資

子供は学校や周りの人間関係から様々なことを勉強していきます。
しかし、お金に関すること、経済に関すること、金融に関することを学ぶ機会というのはほとんどないのが現状です。

 

そのため、社会人になってからいきなり現実を突きつけられることになり、それに対して右往左往してしまいます。ある程度社会の波にもまれると正しい判断能力を身につけられますが、選択を間違って借金を作ってしまったり、無意味な保険に加入してしまうなど様々な問題を抱えることになりかねません。

 

経済の仕組みを教える、お金の大事さを伝えるためには子供の内から株に親しませるのが良いという意見も増えてきています。実際に、子供が小さいうちから株式投資をさせて金融に関するリスクやそのリカバリーを養わせる保護者もたくさんいます。

 

両親のサポートは必要不可欠

いきなり子供に株式投資をやらせるのは無茶です。スタートするときには必ず保護者が一緒に考え、確認しながら進めていくようにしましょう。ただ闇雲に行うのではなく、何のための投資なのか、どれくらいの金額が必要になるのか、あるいは期間はどの程度が必要なのかといった点までしっかりと確認しながら進めていくのが望ましいです。
ただ、最初に立てた目標通りに進められることの方がよほど珍しいので「失敗を経験させる」つもりで進めていきましょう。この過程を経ることで株式や経済に対する知識を身につけ、正しい対処方法(リカバリー)が理解できます。

 

未成年でも株式投資はできる

そもそも子供は株式投資ができるのか?と心配になる方も多いでしょう。株式投資は未成年でもOKです。証券会社に口座を開設するときに未成年の場合だと制限がかかる場合がありますのでそのあたりは事前に確認した上で選んでいく必要があります。

 

子供でも口座開設、取引ができる証券会社もたくさんありますのでチェックしてみましょう。

 

イチ押しのネット証券会社一覧はこちら

 

子供の口座開設ができるネット証券会社は?

 

子供用の口座を証券会社に開設

子供のお金や金融、株式投資への教育の一環として証券会社に口座開設をしたいと思っている保護者が増えてきています。
株式投資を学ぶことによって様々な社会の仕組み、会社の仕組みを知ることができるので大人になってから柔軟な対応ができるのが最大のメリットです。
またうまくいけば子供の将来の資金作りにも役立てることができます

 

子供用の口座開設が可能な証券会社はマネックス証券、SBI証券、松井証券の3社

現在ではいくつかのネット証券会社が子供の口座開設に対応しています。口座を開設するためにはいくつかの注意点をクリアする必要がありますが、いずれも簡単な内容となっているので特に問題は無いでしょう。
現在ネットから口座開設できる証券会社にはマネックス証券、SBI証券、松井証券の3つが挙げられます。いずれも大人が口座開設をする時と比べると多少の手間がかかりますが、そこまで難しいものではないので確認してみましょう。

 

マネックス証券は20歳以下の未成年でも親権者との間柄が分かる身分証明書類を提出することができれば口座開設可能です。保護者の口座開設が前提となっているので注意しておきましょう。

 

SBI証券もまた子供口座の開設に対応しているネット証券会社です。こちらも保護者本人の口座開設がなくてはなりません。もともと口座を持っている方ならスムーズに進めることができます。もしも口座を持っていない場合は新規に開設する必要が出てきます。

 

松井証券もまたSBI証券と同様に保護者の口座開設が必要不可欠です。すでに松井証券の口座を持っているのなら比較的簡単に子供の口座開設ができます。

 

子供の株式口座でも株主優待を受けられる?

 

株の勉強をさせる親が増えている

の勉強や経済の勉強、さらには金融に関する理解を深め、将来のお金に対するリスクやリカバリー方法を学ばせるのによい方法ということで子供に株式投資を始めさせる保護者が増えてきています。

 

株式投資といえば、株主優待が魅力のひとつ。株主優待というのは条件を満たしている株主がその企業から優待券や商品などを受け取れる制度です。

 

内容についてはそれぞれの企業によって異なりますが、中には商品券数万円分など株主優待を受けることで大きなメリットを手にいれる方も多いです。最近では株主優待を目的とした株主も増えてきています。

 

株主優待の条件さえ満たしていれば子供でも受け取ることが可能

では子供の株式投資で株主優待を受けることはできるのでしょうか。結論からいうと問題なく受け取れます。未成年の場合だと何かしらの制限がついたり、場合によっては株主優待を受けられないと思っている方も多いようですが、全く問題ありません。

 

ただし、それぞれの企業ごとで株主優待を受けられる条件が異なるのでその点はきちんと注意しておく必要があります。その条件というのは未成年者だから、子供だからという理由で別途条件がつけられるということはありません。もしも自分自身と子供の株の両方があれば家族で2つの株主優待を受けるといったことも可能です。

 

自分たちの利益のために子供に株式投資をさせている、というわけではない方は子供が喜びそうな株主優待を用意している企業を選択するのも一つの方法です。学校での勉強や、塾、ピアノ教室などの習い事、さらに株式投資の勉強もしなくてはならないとなると子供達からすれば自由を奪われている用な感じがするかもしれません。しかし、株主優待で子供が喜ぶ物が受け取れるのならそれがご褒美になって株式投資がもっと魅力的なものに映るでしょう。

 

おすすめネット証券会社はコチラ

おすすめネット証券会社ランキング

マネックス証券
マネックス証券は使いやすさや用意されているサービスの質が高いと評判の高い証券会社で、未成年者の口座開設ができる子供口座を用意しています。

トレーディングツールなども無料で利用することができ、さらにシンプルで高性能なものとなっているためこの点も高く評価されています。取引手数料も業界最安水準になっているためコストパフォーマンスに優れており、さらにネットで勉強できる投資教育コンテンツが初心者から人気です。


マネックス証券の口座の開設はこちらから


SBI証券
SBI証券といえばネット証券会社の中でも口座開設数ナンバー1、口コミなどでも非常に評価の高い老舗の証券会社です。子供の口座開設にも対応しているため、SBI証券を選ぶ方が増えています。

オリコンなど第三者評価機関からも高く評価されており、総合評価第一位を獲得した実績も持っています。取り扱い商品が豊富でなおかつサポートサービスが充実していること、さらにSBIジャパンネクスト証券と提携することによって夜間の取引もできるというのが最大の魅力となっています。


SBI証券の口座の開設はこちらから


松井証券
松井証券ネット証券会社の中でも老舗の中の老舗で、早くから子供口座にも対応しています。豊富な情報ツールや徹底的な安心サポートなど初心者からベテランまで満足のいくサービス内容となっており、現在でも定番のネット証券会社として高く評価されています。

松井証券の最大の魅力は何と言っても取引手数料を大幅に抑えることができるということでしょう。取引手数料は1日の株式約定代金合計が10万円以下だった場合無料となるため、比較的少ない金額の取引を繰り返すタイプの人にはまさにうってつけの証券会社だといえます。


松井証券の口座の開設はこちらから